とろろ昆布の賞味期限改ざん 富山の老舗を略式起訴

■20年前から不正か

 とろろ昆布の賞味期限を改ざんして販売したとして、富山区検が食品表示法違反の罪で、法人としての「道正昆布」(富山市稲荷元町)を略式起訴していたことが8日、関係者への取材で分かった。富山簡裁が今後、罰金の略式命令を出すとみられる。健康被害は確認されていない。同社によると、少なくとも約20年前から改ざんが行われていた可能性があるという。

 略式起訴は6月29日付。起訴状などによると、道正昆布は2019年4月、商品の詰め合わせ約10箱について、同年7月までとなっていた賞味期限シールを7カ月延長して貼り替え、販売したとされる。

 同社によると、小売店に卸した売れ残りを回収し、改ざんして別の店に納めていた。シールを貼り替えた社員は社内調査に対し「当時の上司の指示でやった」と説明。「入社した約20年前には既に同様の不正が行われていた」と話したという。

 現在の社長は17年4月に同社を買収。19年4月当時は経営の「引き継ぎ期間」で、前社長が会長として残っていた。現社長は「経営を引き継ぐ以前の問題だが、責任を感じている」と陳謝。自身が経営を継承した後は改ざんをしていないと断言し「二度と不正をしないよう、全社員に周知徹底している」と述べた。
 道正昆布は1916年創業の昆布の卸問屋。

コメント

  1. この事件で北海道に移住した富山県出身の人達の子孫は北海道を追い出されますね。

    2
    0
タイトルとURLをコピーしました