加藤タキさんの母親は48歳で本人を産んだ

加藤 タキ(かとう たき、1945年3月30日[1] – )は、日本のコーディネーター。難民を助ける会副理事長[2]。文化放送番組審議会の副委員長[3]。

本名は、黒川多喜子[4]。(株)タキ・オフィス代表取締役[1]。父は元国会議員の加藤勘十[4]、母は社会運動家で元国会議員の加藤シヅエ[4]、夫は建築家の黒川雅之[4]。

経歴・人物 編集

1945年に、東京都で生まれる[5]。父53歳、母48歳のときの子供で、両親ともに社会活動家で、再婚同士だった[6]。

小中高は森村学園で過ごす[7]。中学1年、3年次に母の会議についていく形で渡米し、ホームステイも経験。森村学園高等部を卒業後、一度は日本の大学に入学したが、英語を完全にマスターしようと決意し、アメリカのオレゴン州にあるポートランド大学へ留学し、卒業[5][6]。

帰国後、雑誌「ニューズウィーク」や「タイム・ライフ」の東京支局に2年間勤務し退職。モンキーズが初来日したときに通訳をつとめ、コーディネーターとして活躍するきっかけをつかみ、青山音楽事務所役員を経て1975年にコーディネーターとして独立[5]。

1990年代以降はテレビのコメンテーターや講演活動などをしている[5]。また、日本新党では広報委員長を務めた[要出典][8]。2002年、「21世紀を対話と和解の世紀にするために~一人ひとりが変化をもたらすイニシエーターとなろう~」というテーマで東京で開かれた日本道徳再武装のシンポジウムをコーディネートした[9]。

1971年テレビCMのコーディネート以来、オードリー・ヘプバーンとの交流があった[10][6]。また、文化放送番組審議会の委員を務めている[11]。

20代で音楽事務所の社長と結婚するも離婚。37歳のときに再婚し42歳で長男を出産[12][6]。

コメント

  1. 高齢出産=障害児が生まれるという偏見が失礼だと思うし若くても酒やタバコの習慣が、あれば障害児が生まれるし正式な夫婦の子供なら、いくつで産んでも良いし日本人絶滅危機だから晩婚カップルは不妊治療を割引したらいい。

    2
    0
  2. 初産?

    0
    0
  3. 加藤タキさんの母親は初産でした。

    1
    0
タイトルとURLをコピーしました