田舎は全裸で男女一緒に身体検査があるのか!?

恥ずかしい思い出の倉庫

中学3年間の身体検査は男子も女子も一緒に体育館で、全裸でしました
2018/08/27 03:29中学生

冗談抜きで中学3年間の身体検査は男子も女子も一緒に体育館で、全裸でしました。
もうとっくに取り壊された田舎の中学でした。
いつ順番が来てすぐ移動できるように身体検査の日は、
全校生徒は登校したらすぐ全裸になることが決められていました。
1年生のときは初めての全裸身体検査だったのでドキドキしながら教室に入りました。
全裸で座ってる女子、脱衣中の女子、体を手で隠して話してる女子たちの姿に興奮しました。
朝のホームルームはクラス全員が全裸という初めての光景に戸惑いました。
この日は決まりごとがあり、ホームルームが終わってから身体検査が終わって制服を着るまで、
一切体を隠してはいけないというものです。
一度でも破れば先生によるビンタを受けます。
ホームルームが終わると体を手で隠した女子たちも素直に隠すことをやめました。
僕のクラスの席は必ず自分の前後左右の席が異性になるようにできているので、
どこを見ても裸の女子しか見えませんでした。

1年生から始まるので1年生のときは1時間目が終わったころに呼び出されましたが、
2年生になると4時間目、3年生になると午後に順番が回ってきました。
3年生という体も大人になってきてる時期なのに、クラス全員全裸で給食を食べ、
昼休みを過ごし、掃除の時間も全裸にエプロンという姿で行い、午後の授業を
受けながら身体検査の時を待ちました。

なぜ中学生になって全裸で身体検査を受けなければならないのか。
それが親と教師の間で問題沙汰になったこともありますが、
中学3年間はまだ義務教育の期間で育てる側が生徒の生まれたままの姿を見る権利はあり、
それを見て3年間どう育っていくのかを見る権利もあるとのことです。
全裸が嫌だという拒否権は全裸になる生徒も親にもないと強く言われたそうです。
また、1年生ではどのような体つきかを見るため、2年生では背骨や腰骨を見るモアレ検査、
3年生では心電図検査にぎょうちゅう検査も身体検査の項目に含まれるため、
いちいち脱衣させては時間短縮できず、脱衣することに抵抗する生徒も出てしまうため、
それなら最初から脱がせた方が全裸の抵抗も軽いとの判断でした。

男女差別を強く非難する中学ということもあり、すべて包み隠さず公にしていました。
つまり、男女が身体検査する姿さえ見せびらかすような姿勢をしていました。

3年間で裸の女子を3回見て、最初は当然オッパイの膨らんだ女子、
下の毛が生えている生えていない女子も見ました。
3年生になってオッパイが大人同様大きい女子も何人もいました。
ぎょうちゅう検査では並んでる側におしりを向けるために、
クラスの女子全員の広げられたお尻をまじまじと見ました。
シールを貼られたら数秒その状態でとどめるので開いたおしりの穴も見ました。
シールをはがされてクラスの皆におしりの穴を丸出しにされて泣いた女子も見ました。
オッパイを医者に揉まれてサイズを答えさせられた女子も見ました。

でもこれが本当に正当な行為だと大人になってわかりました。
義務教育中は全裸にされても嫌と言ってはいけないのです。
学校は成長させてくれる場なので、裸になるときもあってもいいと思うのです。

それが今は男女別は当たり前、下着姿にされても上半身裸という姿でさえ
学校や医者が非難される時代です。
マスコミが面白おかしく現代のジェンダー問題を書いてしまい、
女子が幼いうちから恥ずかしいと思っていることも問題なのです。
身体ともに成長する中学生は身体検査は全裸でいいのです。
隠していたら身体検査ではありません。すべてを曝して検査してもらわなければ。
言うならば全校生徒が全裸で学校内を一日過ごすことも週に1度なければいけないのです。
腐った今の世の中に怒りを感じたことで今回僕は中学時代の体験談を
話すことを決めました。
教師や学校、教育委員会が鬼になり、中学校に通う全校生徒を丸裸にさせる校則や法を
つくらなければ日本に未来はないとはっきり言えるでしょう。

コメント

  1. 娯楽の少ない田舎ほど教師の性的犯罪が増えるが、これは信じられない。

    1
    0
  2. 男女混合身体検査の画像を検索したら全裸の女生徒を見学してる男子生徒や男の医者が女生徒のバストを図る画像がリアルにあるかど、ここには載せられない。

    2
    0
  3. 京都新聞から

    京都
    健診で男女とも上の服を脱ぐ学校はどれくらい? 脱衣の目的や専門家の意見は
    2020年11月22日 15:03
     学校の定期健康診断で児童生徒を上半身裸にさせることについて、思春期の娘がいる京都府内の保護者から京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」に寄せられた疑問の声。取材を進めると、学校現場では以前から脱衣をめぐる健診上の課題があり、全国的に関係者を悩ませていた。

    京都市立小学校で実施される健康診断の項目と結果を保護者に知らせる文書。右は脊柱や四肢の状態に異常があった場合に渡される

     府南部の50代の元養護教諭は健診時に脱衣する、しないそれぞれの中学校での勤務経験がある。現役だった20年以上前から脱衣を嫌がる生徒はおり「スムーズな健診のためには脱衣が望ましいと考えるが、恥ずかしいと思う生徒の気持ちも分かる」と振り返る。

     脱衣の必要性について学校保健を管轄する文部科学省はどう考えているのか。担当者は「脱ぐ脱がない、という話ではなく、発達段階に応じ診察に必要な範囲で肌を露出させるという考え。健診の方法については学校、校医、保護者で共通の理解を図ることが必要だ」とする。

     一方、脱衣で健診を実施する京都市学校医会は、2015年度に改訂された同省監修の「児童生徒等の健康診断マニュアル」を引用し、こう説明する。「以前のマニュアルで脊柱の視触診は『上半身を裸にして』と書かれていたが、改訂版で削除されていた。文科省に問い合わせ、改訂後も従来通りの診察法で変わりないことを確認した。また背骨が曲がる脊柱側弯(そくわん)症の検診を整形外科医が学校で実施してきた都市では、教育委員会の了承を取り付け脱衣で行っている。脊柱検査の専門家が脱衣を必要としていることは、見逃しのない診察をする上で大切な視点だ」

    ■虐待や自傷を見る

     京都市と同じ政令指定都市の大阪市もプライバシーに配慮しつつ上半身脱衣で実施している。大阪府医師会は脱衣の協力を呼び掛けるチラシを作って保護者らに理解を求めている。チラシには肌を露出させる視診の役割について「側弯症などの疾病だけでなく、虐待や自傷などすぐに教育的介入を要する兆候を見いだす」と書かれている。

    だが脱衣での健診を一律に決める自治体は多い。

    1
    0
    • 京都新聞から

      京都
      健診で男女とも上の服を脱ぐ学校はどれくらい? 脱衣の目的や専門家の意見は
      2020年11月22日 15:03
       だが脱衣での健診を一律に決める自治体は多くはなく、学校で判断が分かれている。京都府医師会が京都市を除く府内の全公立小中学校を対象に行った2018年度のアンケートによると、脊柱検査を男女とも上半身脱衣で実施したのは、小学校で70・9%。だが生徒の心身が大きく変化する中学校では32・1%にとどまり、男子のみ裸が47・6%、「一定以上の学年で女児のみ下着などを着用」「脊柱検査で服をまくり上げる」といった「その他」は20・3%だった。

      脊柱検査の上半身脱衣の状況

      ■必要に応じめくる

       全国の政令市などを見ても同様の傾向だ。仙台、横浜、名古屋、大津、福岡市の各教委は「学校と校医が状況に応じて判断している」とする。体操着やジャージー、マントタイプのバスタオルを着用し、必要に応じてめくるなどの対応が一般的だと答えた。福岡市教委は「脱衣での健診は賛否両論あり、難しい問題だ。市医師会は着衣のままだと疾病を見逃す可能性があり脱衣が望ましいという意見だが、保護者の考えはさまざまで子どもが嫌がるという声もあり、学校医には配慮を求めている」とする。

      ■「ノー」と言う教育が不十分

      【思春期の心理に詳しい精神科医 定本ゆきこ・京都少年鑑別所医務課長】

       学校健診で一律に服を脱がせるのは反対だ。思春期の子どもは自分の体の変化を受け止めかねており、他者からの視線や言葉掛けに過敏になっている。特に異性の他人に裸を見られるのは大変苦痛だろう。

      定本ゆきこ氏
       性教育の不十分さも今回の問題の一因と考える。男女で違うプライベートゾーン(水着で隠れる部分など)は大切なもので、自分の意に反して人に見せる必要はないという教育が徹底されていれば、子どもは納得できない脱衣にノーと言える。ただ教員の指示に子どもは嫌でも従う側面があり、その関係性を学校は理解しておく必要がある。

       脱衣の理由の一つに虐待の発見が挙げられるが、小学校中学年以上の年齢にもなれば健診ではなく、担任や養護教諭との信頼関係の中で発見されるべきである。実際に虐待を受けている児童生徒が自由意志に反して服を脱がされることは、トラウマ(心的外傷)を呼び起こす可能性があることに留意してほしい。

      1
      0
      • 京都新聞から

        京都
        健診で男女とも上の服を脱ぐ学校はどれくらい? 脱衣の目的や専門家の意見は
        2020年11月22日 15:03
        ■国が診察の具体的基準示せ

        【医療倫理が専門 児玉聡・京都大文学研究科准教授】

         脱衣など学校健診の在り方を巡っては、脊柱側弯症が見逃されたとして訴訟に至った事案がある一方、多くの生徒にセクハラと捉えられ問題になったケースもある。文部科学省が医師会など関係機関と協議し、具体的な診察の方法や基準を示すべきだ。

        児玉聡氏
         その際に、脱衣しなければ症状を見逃す確率が高まるのかも含めて科学的根拠を示すことが重要だ。今回の議論で取り上げられた脊柱側弯症の検査は、海外では学校でのスクリーニングの効果が疑問視されて実施していない国もある。学校健診は公衆衛生の側面がある。病院や診療所での診察のように受検者の同意を得るのは、受診率が下がる可能性があるため難しい。ただ保護者や本人がなるべく納得して受けられるよう、健診の在り方を考える際にPTAが参加するなどして合意形成を図るのが望ましい。また現場の対応に差が出ないよう、学校医の標準的な教育も必要だろう。

        ■無理強いせず可能な範囲で

        【予防医療学・学校保健に詳しい 川村孝・京都大名誉教授】

         今回の脱衣の問題では、学校の定期健診でどこまで「正確な診断」を求めるかについて考える必要がある。一般の診療では、診察は正確さを求め条件を整えて厳密に行う。例えば症状があって治療を要する場合や健診で疑いが出て精密検査をする場合は、上半身の全脱衣は必要だ。

        川村孝・京都大名誉教授
         だが学校健診は限られた条件でのスクリーニングで、診察、検査しない臓器や病態も多い。健診で初期に見つけられる病態のうち、見逃すと重篤になりかねない▽運動制限をかける必要がある▽他者に悪影響を及ぼしうる-といった病態は厳密に診察し、その他は可能な範囲でやるという考え方もある。そうなると胸部の聴診は欠かせないが、上半身裸は必須ではない。

         健診は基本的には健康な人に対する医療行為。無理強いしない範囲で行う性質のものだ。私も27年の学校医の経験がある。性差や思春期の羞恥心への配慮は必要だろう。

        1
        0
  4. 不純異性交遊を誘発してる最大の原因だと思います。

    1
    0
  5. 子供は物心ついた時から羞恥心が芽生える。

    1
    0
  6. 身体検査の日に欠席したら別の日に無理やり個人で身体検査される。

    1
    0
  7. 性に目覚めさせる原因だな!

    1
    0
  8. 全裸だと下半身にバイ菌が入る危険性が高いから、せめて水着で隠れる部分は露出しない方がいいし、性に目覚めさせる原因にもなるし原始人や裸族と違うから危険だと思う。

    1
    0
  9. 性体験もない思春期の女の子を男の子と並んで全裸にさせるなんて自分の娘なら学校を登校拒否させても守りたくなるのが親心。他所様の大切な子供達を、よく辱めれるなぁ!

    1
    0
  10. 医者の立場を利用して性体験のない思春期の女生徒のオッパイをもんでバストのサイズを答えさせる医者は結婚してるのか!?もし奥さんや子供に知られたら離婚だぞ!💢💢💢

    1
    0
    • 同じ男として軽蔑する!かわいそうだろ!?

      1
      0
    • 義務教育中の女生徒のオッパイを揉むなんて、いいオトナのする事ではない!💢💢💢

      1
      0
  11. 未成年の男女を同じ室内で全裸にして身体検査は虐待だと思う。

    1
    0
  12. 身体検査の途中でトイレに行きたくなったらどうする!?

    1
    0
タイトルとURLをコピーしました