元ベイシティローラーズのレスリー・マッコーエンさん65歳の若さで天国へ❗

最後までアイドルだった レスリー・マッコーエンさんの早すぎる死
レスリー・マッコーエンさん=ロンドン市内で2014年8月、坂井隆之撮影
拡大
レスリー・マッコーエンさん=ロンドン市内で2014年8月、坂井隆之撮影
 ベイ・シティ・ローラーズのリードボーカルを務めたレスリー・マッコーエンさんが20日、65歳で亡くなった。実は記者は2014年、ロンドン市内でマッコーエンさんをインタビューし、その後、ご家族とも交流した経験を持つ。トップアイドルとしての華やかなステージの裏側の想像を絶する人生に驚き、再出発を誓う前向きな姿に心を打たれた。早すぎる死を惜しみつつ、最後に取材した記者として、彼の実像を報告したい。【坂井隆之/経済部】

 「この写真は撮らないでくれないか」。終始にこやかだったマッコーエンさんが、少し困ったような顔で記者に注意したのは、インタビューが休憩時間に入った時だった。マッコーエンさんは取材場所のホテルの外に出て、たばこをくゆらせていた。アイドルから「大人の男」になった姿を収めたくてカメラを向けた記者に、マッコーエンさんは「ファンのイメージを崩したくないから」と断った。ああ、この人は本気で表舞台に戻ろうとしているのだな、と強く印象に残った。

スポットライトの裏の想像を絶する人生
 マッコーエンさんは17歳の時、スカウトされてポップグループ「ベイ・シティ・ローラーズ(BCR)」のボーカルになった。甘いマスクとメロディアスな歌声で瞬く間に若者の人気を獲得。「サタデー・ナイト」は日本でも大ヒットし、1976年に来日した際には羽田空港に1000人以上のファンが押し寄せ、武道館では失神者が相次いだことは語り草だ。

コメント

  1. 奥さんが日本人で御子息が十兵衛という名前です。

    2
    0
  2. 本国イギリスより日本でブレイクしたらしいね。

    1
    0
タイトルとURLをコピーしました