【朗報】小室圭さん 既に米国で企業弁護士になる実力を十分に身に付けていた

フォーダム大学のロースクールの
ホームページ上に、「Kei Komuro」の名前を発見した。

それは今年4月21日に掲載された記事で、
小室さんはもう一人の学生とともに、
フォーダム大OBである金融の専門家
Robert B. Nolan Jr.氏にインタビューを行ったという。

しかも、そのインタビュー音声は、世界中の誰でも
ダウンロードして聞くことができるようになっているのだ。
さっそく再生ボタンを押してみると――。

“I am Kei Komuro.
William and I are students from
Fordham University School of Law.”

流暢な英語で自己紹介をする小室さん。
インタビューのタイトルは
「The Funding Spectrum
From Seed Financing to Private Equity」で、
起業家の資金調達に関するものだ。

全編で54分にも及ぶインタビューで、
小室さんは経営についての専門用語を駆使し、
英語で何度も質問を投げかけた。

専門用語ばかりのこのインタビュー音声。
経済アナリストの森永卓郎さんに聞いてもらった。

「小室さんの英語は日本人っぽい部分もありますが、
発音は正確で、文法もちゃんとしています。
十分、ビジネスでも通用するレベルだと思います。
少なくとも、私よりはるかにうまいです」

森永さんはシンクタンクで勤務していた際、
英語圏の顧客と仕事をした経験も豊富。
その森永さんを上回る英語力だというのだ。

「資金調達というのは企業経営においていちばん
大切な要素。小室さんが企業を相手にした弁護士
業務を行うのであれば、資金についての勉強は必須です。
もし、台本なしでインタビューを行っているなら、
小室さんはすでに企業弁護士になる実力を十分に
培っていると見ていいでしょう」

森永卓郎さんも唸らせた、小室さんの英語力と経営知識
https://news.livedoor.com/article/detail/19225830/

【朗報】小室圭さん 既に米国で企業弁護士になる実力を十分に身に付けていた
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1605427131/

コメント

  1. お、おう

    0
    0
  2. 弁護士になっても仕事があるかは別問題

    0
    0
    • 森永が英語の発音だけ聞いて勝手にそれ位の実力があると言ってるだけだよなw

      日本で使えない資格を取ってどうするつもりなんだ?
      アメリカで生活すればいいよ

      0
      0
  3. でも資格ないんやろ?

    0
    0
  4. 弁護士事務所で、お茶くみとコピー取りなどを経験してパラリーガルともてはやされ
    資格が欲しくなったものの日本国内では能力的に無理なので、海外の弁護士資格を取りに行って、実務経験もないのに企業弁護士級と言ってもらえる

    大学の学費は他人からの贈与という借金(返すつもりはサラサラ無い)
    過去の彼女にはカード貸してとお願い
    アメリカの学費はお茶汲み出身なのに大変優秀ということで奨学金ゲット
    生活費はお茶汲みのバイト先が立て替え中
    (出世払いのはずが、弁護士になる訳ではないと発言アリ)

    晴れてご結婚となるとドーーーンと大金が舞い込む上に働かなくとも上級な生活ができる

    女性宮家が出来てしまえば圭殿下となる。

    0
    0
  5. アメリカの弁護士の力は顧客を引っ張ってこれる力

    さて3年後どーなるかね

    0
    0
タイトルとURLをコピーしました