コメント

  1. ◆刺激物の過剰摂取

    刺激物の代表例は香辛料などですが、実はコーヒーや紅茶も刺激物です。
    コーヒーに含まれているカフェインは、発毛を促す働きを持つ「アデノシン」を壊すと言われています。
    1日に数回飲む程度なら問題ありませんが、過剰摂取には気をつけましょう。
    また、チョコレートも刺激物の1つです。
    チョコレートに含まれている糖分には、皮脂の過剰分泌に繋がる可能性があり、毛穴をつまらせてしまう場合もあります。

    ◆脂肪分の多い食事

    動物性脂肪が多く含まれているお肉などの食べ過ぎには要注意。
    体に必要な栄養素であるタンパク質が豊富に含まれている食べ物でもあるので、全く食べないものよくありませんが、脂身が多いものは避けるようにしましょう。
    動物性脂肪の摂りすぎは、毛穴をつまらせる原因になります。
    血液中に悪玉コレステロールが溜まり、これが毛根や毛根細胞に運ばれてしまうと、血液の老化が始まり毛が抜けやすい状態になると言われています。
    また、ポテトチップスなどのスナック菓子、ジャンクフードにも気をつけましょう。

    ◆塩分の摂りすぎ

    塩分の摂りすぎも、抜け毛を促す場合もあると言われています。
    ラーメンや揚げ物、加工食品など塩分と油分が多い食べ物を毎日食べている方は、週1など回数を決めて食べることをおすすめします。

    ◆過度なアルコール摂取

    あまり知られていないですが、アルコールの摂り過ぎも注意が必要です。
    なぜなら、お酒を飲むことで肝臓に負担がかかります。
    肝臓は、髪に重要な栄養であるタンパク質を作る臓器なので、負担がかかることで髪にも影響が出ると考えられています。

    https://orgo-hair.jp/blog/?p=4384

    0
    0
  2. 何やっても同じ

    0
    0
  3. 剃ってるだけだから

    0
    0
  4. 上からくるハゲはあるかもしれんが、
    前からくるハゲは防ぎようがない。

    0
    0
  5. 結局は遺伝なんだよなぁ
    ハゲ因子を持ってる奴は何してもハゲるだけ

    0
    0
  6. もういい
    もう遅いんだよ

    0
    0
タイトルとURLをコピーしました